プロフィール画像が報酬に直結する!

プロフ写真で男性客のハートをわしづかみにする

チャトレとして稼いでいく上で、プロフ画像に設定している自撮りの写真というのは、第一印象を決めるものでチャットしてもらえるかどうかの第一関門なのです。

チャトレのプロフィール写真というのは、ライブチャットにいる男性ユーザーがその女性とチャットしてみたいと思うかどうかを決める第一印象なので、できる限りいいものを取捨選択しましょう!

このページでは、チャットレディのプロフィール写真の重要度と、自撮り写真の撮り方や見せ方などを解説しています。

チャットレディのプロフィール画像というのは、チャトレの給料の決め手になるといっても過言ではありません。

チャットを楽しみたいと思っている男性のお客さんが、チャットレディの誰を選ぶかを決めるのに一番最初に影響を及ぼすと言われているのがプロフィール写真です。

まず男性客はチャットサイトのトップ画面を開くと思いますが、その画面には待機中の女の子の画像が並んでいるので、そこからどの女の子に狙いを定めるかを吟味し始めます。

いうなれば、チャットレディのプロフ写真というのはチャットレディの玄関口になっているので、ここでどれだけ男性客のハートをつかめるかによって、詳細なプロフィールを読んでもらえたりが決まります。

こういったことから、チャットレディのプロフィール画像というのは、男性にチャットしてもらえるかどうかの瀬戸際なので、適当に選ばずに慎重に、細心の注意を払って、厳選に厳選を重ねた最高クラスの写真を載せましょう!

人気チャトレの写真の撮り方を参考にする

笑顔はすばらしい

稼げている女性のプロフ写真を見てみると笑顔の写真が多いです。笑顔というのは何物にも勝る女性の武器といえるでしょう。

そもそも笑顔というのは見た人の警戒心を解きほぐす効果があります。

彼女みたいな雰囲気を出す

男性がチャットレディの女性に求めていることは、彼女としゃべっているかのようなアットホームな雰囲気を味わいたいのです。

なので、男性客からチャットしたいと思ってもらいやすい写真というのは、彼女っぽい写真が付け加わった写真です。

そもそも彼女感を醸し出す写真の撮り方というのは、全体的な雰囲気なのでこれをこうしたら彼女感がでる!みたいなことは一概に言えることではありません。

自分がどういう雰囲気を出したいかによって、どういう髪型でいくのか、どういう服装を着るのか、どういうキャラクターで立ち振る舞うのかも決まってきます。

キャラ立ちする

ライブチャットでチャットレディをやるときにプロフ写真というのは一にも二にも大切な要素です。なので、どういう写真の撮り方をすれば自分という存在をわかりやすく伝えられるかを研究して、反応率がいいものを探っていきましょう。

元気が良さそうな子だなとか、清楚でおっとりしていてゆったりマイペースでしゃべれそうだなとか、ギャルっぽくてヤンキーの要素が混じっているなとか、いろいろな特徴を一瞬で伝えることができるのがプロフ写真というものです!

女性にも清潔な雰囲気は大切!

当たり前と言ったら当たり前ですが、女性でも清潔感を出すことはとても大切です。男性も清潔感が大切だといわれますが、これは女性にも当てはまります。

清潔感というのはメイクや髪型だけではありません。部屋の雰囲気だったり、ファッションにも気を配って清潔な雰囲気を作り上げましょう!

載せてはいけないプロフィール画像

プロフィール写真はチャットレディが稼ぐ上でとても大切な要素です。なので、いい加減に選んだ自撮り写真を載せるのはもったいないです。

プロフィール画像に自分の写真以外を乗せるのはやめておきましょう。景色の写真だったりペットの犬や猫の写真などです。

顔出しなしでやっていたとしても、自分のシルエットを映せばいいわけであって、それ以外を乗せるというのは、男性客からしたらどういうキャラクターなのかわからないですよね。

男性客の興味本位をくすぐるような風景写真を載せたとしても、一瞬興味を持ってもらえるだけで、女性として魅力的に見えるわけではありません。

プロフィール写真に掲載するのは自分の写真だけにしておきましょう。関係ない写真を載せたとしてもあまり報酬アップにつながりません。

暗めの写真を載せる

明るい写真を使うことが鉄則です!暗い写真は文字通り暗く見えてしまうので、おすすめしません。

写真が暗いと顔がそもそも見えにくいので、あまりおすすめしません。美人な人ならなおさらもったいないでしょう。

ぱっとしないプロフ写真

むすっとした不機嫌そうな顔写真というのは、性格が悪そうに見えたり、しゃべっていて楽しそうに見えなかったりするので、極端にチャット率が下がってしまいます。

チャットサイトのプロフィール画像というのは、この子としゃべったらかわいくて癒やされそうだなとか、親身になって話を聞いてくれそうだなとか、話が盛り上がりそうだなとか、思ってもらえるような写真を使いましょう。

いろんなところをいじりすぎた画像

カメラアプリを検索して見ると、いくらでもたくさんありますが、加工しすぎるのはよくありません。

ライブチャットのプロフ写真にはすごい綺麗な写真がのっているのに、いざ待機画面やチャットしてみたら、全然違ったなんて思われたら悪い印象を持たれてしまいます。

自撮り写メをカメラアプリで加工するのは全然いいと思いますが、あまりやりすぎず中庸くらいにしておきましょう!

ピンぼけしている自撮り写真

ピンぼけしている写真を載せているチャットレディはあまりいないと思いますが、そもそもピンぼけしているチャットレディのプロフィールを詳しく見てみようとはあまり思わないと思います。

自分の自撮り写メをつくるときは、しっかり明るい環境で撮影環境を整えて、ピントをしっかりあわせましょう。

チャットレディとして活躍するための綺麗な写真の撮り方

毎月何十万も稼いでいるような魅力的なチャットレディというのは、プロフィール写真の撮り方がとてもうまく、男性客を魅了するようなコツを駆使しています。

ライブチャットで第一印象を決めるチャットレディのプロフィール写真というのは、男性客からチャットしてもらえるかどうかを決める決定的な要因なので、魅力的な写真の撮り方をぜひ身につけておきましょう!

笑顔でとることこそが至宝!

チャットレディの魅力的なプロフィールの撮り方というのは、なんといっても一にも二にも笑顔ですね!男性は女性の笑顔にめっぽう弱いんです!

そもそもチャットサイトというのは、初対面の男女が会話をしたりアダルトパフォーマンスを見せたりするものですが、男性もチャットレディに対して緊張しているのです。

チャットレディの女性が笑顔でニコニコしていたら、しゃべりやすそうと思ってもらえたり、自分の愚痴を聞いてもらいやすそうだとか、いい印象だけを与えることができます。

笑顔はなんでもいいという訳ではありません!「がはは!」みたいな笑顔は逆にどん引きされてしまうので、さじ加減をちょうどいいものにしましょう!

顔出しありとなしのノウハウ

そもそもチャットレディすべてにいい写真の撮り方が一概にあるわけではありません。顔出しありでやっているか顔出しなしでやっているかによって、いい写真の撮り方というものが変わります。

顔出しありのチャットレディが重視すべき写真の撮り方というのは、もちろん顔です。顔を重点的にメインにおいた撮影方法を採用しましょう。

顔出しありのチャットレディの顔を重点的に撮影するというのは、メイクをしっかり目にしたりなどがあります。

顔出しなしでやっているチャットレディは、口元から下を強調するような写真の撮り方がおすすめです。たとえば、巨乳の人なら胸が前面に押し出されるような写真の撮り方をしましょう!

もれるアプリを使う!

プロフ写真を作成するときは、カメラアプリが大活躍します。

簡単に盛れる写真を作ることができるので、メイクがうまくない人でもとてもかわいい写真を作ることができます。

最近のアプリにはいろいろな加工機能が用意されていてめちゃくちゃ綺麗な盛れる写真がつくれますが、盛りすぎると別人になってしまうのでほどほどにしておきましょう。

プロフィール写真と待機画面に映っている人が全然違う人物みたいに見えたら、そもそもそこからチャットにログインしてお金を払ってまで会話をしようとは思わないはずです。

カメラアプリで自撮り写真を盛るという行為はとてもいいことですが、あまりにも現実と乖離してしまうことがよくないのです。

カメラアプリでの編集のコツとしては、目が大きく見えるとか、肌が綺麗に見える程度が一番いいと思います。

清潔であることが大切

プロフィール写真を撮るときに他のチャットレディと差別化を図るためにポーズを組み込んでみたりするのもおすすめです!

いろいろな仕草やポーズを使うことによって、セクシーさを増すことができます。

顔出しありでやっているチャットレディは、顔を隠すようなことをやるともったいないので、魅力を引き出すような仕草を補助するような形でやるとうまくいくと思います。